頭皮にできるニキビはシャンプーで防ぐ

ニキビは顔だけにできると思っていませんか?
ニキビはいろいろなところにできます。
顔以外にできやすいのは背中やデコルテ(胸元)ですね。
そこに毛穴があって皮脂分泌があればどこにでもニキビはできるものです。

 

毛といえば頭ですよね。
もちろん、頭にもニキビはできます。
頭皮ニキビといわれています。
ニキビですので、生活習慣の乱れやストレスが原因でニキビができたりしますが、頭皮ニキビは、他にも原因があります。
頭をかく女の子

 

間違った洗い方がニキビの原因に

頭皮ニキビの原因の1つに間違った洗髪が挙げられます。
ただ、髪の毛を洗っただけでニキビになってしまうなんて嫌ですよね。
実際にどのような洗い方をしたらニキビになってしまうのでしょうか。

 

まず、1日に何回も洗髪してしまうことです。
必要以上に洗髪することによって、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
そのため、頭皮のバリア機能が低下してしまいニキビになってしまうのです。
また、1日に1回の洗髪であっても強く皮脂をこすったりするのも同じです。
シャンプーする女性

 

他にもシャンプー、リンスのすすぎを十分に行っていない場合もニキビの原因になります。
すすぎをしっかりしないことで、シャンプーやリンスが頭皮に残り、それらが毛根につまることによってニキビとなります。
シャンプー、トリートメント

 

頭皮ニキビにならない洗い方

頭皮ニキビにならないようにするには洗い方に注意することが必要です。

 

シャンプーを十分に泡立てから洗う

泡がきめ細かいことで洗い流す時にカスとして頭皮に残りにくくなります。

 

やさしく洗う

皮脂を必要以上に洗ってしまわないようにするためです。
また、爪を立てて洗うのはNGです。

 

十分にすすぎをする

シャンプーやリンスの成分を頭皮に残さないようにします。
成分がなくなった感じがしてからもすすぐようにしましょう。

 

しっかりと乾かす

洗ったあとも濡れたままにせずに、タオルやドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。
ドライヤー

 

ちょっとのことですが、頭皮ニキビにならないようにするには気をつけたいですね。

 


このページの先頭へ戻る