ニキビ跡の種類

ニキビはできている時だけではなく、ニキビが収まった後にもニキビ跡として肌トラブルを引き起こすことがあります。
ニキビ跡は大きく分類すると、肌の内側が赤く色がついてしまう色素沈着タイプと、肌の表面にクレーターのような凸凹が出来てしまうタイプとに分類できます。
その中でも、肌の表面に凹凸がない色素沈着タイプは、正しい対処法によって短期間でも改善することができます。

 

赤みがでたらどうする?

ニキビ跡の赤みは、ニキビの際の炎症によって肌の内側の細胞が刺激されてメラニン色素が大量に作られてしまうことで起こります。
肌の内側の細胞に含まれているメラニン色素を撃退するためには、普段のスキンケアでメラニン色素を分解してくれる美白用スキンケアを使うという方法もありますが、最もベストな対象法は、肌の新陳代謝を利用して自然に解消するという方法。
肌は毎日少しずつ内側から新しい細胞が作られているので、ターンーオーバーによって1か月程度で肌のダメージも回復できるのです。

 

普段何に気をつけたら良い?

ニキビ跡の赤みは、肌のかなり奥深い部分で起こるため、どんな方法でも完全に解消するには時間がかかります。
そのため、赤みができないように普段からケアすることが必要不可欠。
例えば、ニキビができやすい人なら普段からニキビケア用のスキンケアアイテムを使ってニキビ予防に努めたり、ニキビができたらできるだけ炎症が肌の奥まで進行しないように早めに膿を出してケアしたりすることも大切です。
ニキビは膿を出すと跡になると言いますが、膿を出さずに放置しておくと、ニキビの炎症はどんどん肌の内側に向かって進行するため、高い確率で赤みなどのニキビ跡になってしまいます。
気を付けましょう。

 


このページの先頭へ戻る