食べ物でニキビができやすくなるって本当?

ニキビと食べ物の関係

毛穴に分泌された皮脂が詰まってしまい、そこにアクネ菌が繁殖することで肌が炎症を起こすのがニキビのメカニズム。
毛穴から分泌される皮脂を止めることはできませんが、毎日の食生活で食べたものによって、皮脂の分泌を活発にしてしまう食べ物もあれば、皮脂が分泌されにくい食べ物などもあります
ニキビが気になる人や、ニキビができやすい人は、食べ物の内容を工夫するだけでニキビができにくい肌質を手に入れることも可能です。

 

ニキビができやすい食べ物とは?

ニキビができやすくなる食べ物は、糖質や脂質を多く含む食べ物
私達が大好きな食べ物ばかりです。
糖質と言えばケーキやおまんじゅうなどのスイーツ系だけでなく、炭酸飲料や甘くておいしいジュースなどにもたっぷり含まれているので、ニキビができやすい人はこうした食べ物はできるだけひかえたほうが良いでしょう。
糖質を多く含む食べ物には、トンカツやから揚げなどの揚げ物だけなく、ラーメンや中華料理、洋風の食事など、調理過程で脂をたっぷり使っている食品は、ニキビができやすくなってしまいます。注意しましょう。

 

ニキビ予防には何を食べればよいの?

ニキビ予防やニキビ改善には、ミネラル成分やビタミン、食物繊維などがたっぷり含まれている食品がおすすめです。
たとえば、野菜やフルーツ、海藻や豆類など、あっさり系の和食を食べる時に使われている食材が良いようです。
家庭の食卓でニキビ予防したい場合には、糖質や脂質を抑えてミネラルが豊富な、「あっさり系の和食」を食べるのが理想的です。
あっさり系の和食は摂取カロリーも少ないので、ダイエット効果や生活習慣病予防などの効果も期待できるので、家族全員がハッピーになれそうですね。


このページの先頭へ戻る