脂性肌に合う化粧品とは

顔中の皮脂が気になって、テカリでメイクが崩れやすいという人は、その皮脂をどうコントロールするかが大事なポイントとなってきます。

 

皮脂はメイク崩れを起こすので非常に厄介な存在ですが、肌を守る機能もあるので全くなくしてしまうというわけにはいかないのです。
うまく付き合っていける方法を見つけましょう。

 

保湿を怠らない

リプロスキンを手に取る画像

皮脂がどうして出ているのか、原因を考えてみるといいでしょう。
多くの人が実は乾燥から来ている脂性肌です。
というのも、乾燥がひどい肌に危険を察知して、人間は何とか潤いを保とうと必要以上に皮脂を出してしまうものだからです。

 

皮脂が気になるからといってさっぱりした化粧品を使いすぎていると、水分が不足してより皮脂の分泌が増えてしまいます。
その皮脂を押さえるためには、とにかく水分を補給してあげることです。

 

リプロスキンは一時的に肌のペーハー(pH)を変えて、有効成分を届きやすくする作用があります。
より保湿を効果的に行うためには、普段の化粧品に加えてリプロスキンも使ってみても良いでしょう。

 

潤いが十分であれば必要以上の皮脂はでないので、自然に分泌量も減ってくれるでしょう。
脂の原因が実は乾燥だった…なんて、脂性肌の人はあまり考えたことがないでしょうが、乾燥をなくすことが脂性肌を改善するためにできることの1つなのです。

 

毛穴を引き締める

毛穴から皮脂は分泌されるので、毛穴を引き締めることはとっても大事です。
開いた毛穴のままだと、皮脂が毛穴に溜まって酸化し、毛穴の黒ずみにも繋がってしまいます。

 

化粧水でも毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水というものがあるので、皮脂が気になるときは化粧水の種類を収れん化粧水に変えてみましょう。

 

また、洗顔後に毛穴が開いた段階で、冷えたタオルなどを顔に乗せて毛穴を引き締めてもいいと思います。
ただ、ずっと収れん化粧水だけを使っていると肌への負担を強くなりすぎるので、普通の化粧水や乳液との併用するのがいいでしょう。

 

また、脂を取るタイプの化粧品は余計に脂が出やすい肌になる危険があるので、避けた方が良いでしょう。


このページの先頭へ戻る