敏感肌でも使える刺激の少ない化粧品とは?

化粧品は数多くありますが、乾燥肌やニキビにもよい刺激の少ない化粧品を探すのは大変ですよね。
パラベンが入っていないものや無添加とかいろいろな表示がありますが、どちらがいいものなのかも疑問です。

 

そもそも刺激の少ない化粧品とはどのようなものなのでしょうか。
化粧品

 

刺激の少ない化粧品とは

刺激の少ない化粧品がよいといっても、何が刺激の少ない化粧品として分類されるのが疑問ですよね。
ここでの刺激は、界面活性剤、アルコール、防腐剤、合成着色料、香料などです。
肌トラブルを起こしやすい原料なので、敏感肌の方は避けた方が良いでしょう。

 

みなさんが普段使っている化粧品に、これらは含まれていますでしょうか。
化粧品のパッケージを見てもらえば何が入っているかわかりますよ。
どうでしょうか。
市販化粧品のパッケージ
結構な商品に、香料や防腐剤が含まれていますね。
逆にドラッグストアとかで入っていないものを探す方が難しいのではないでしょうか。

 

ただ、勘違いをしないでくださいね。
これらのものが全く含まれていないものが絶対によいわけではありません。

 

例えばクレンジングの場合、しっかりメイクが落とすことができなければ、ニキビの原因になってしまいますよね。
また、メイクが落ちにくいから顔をゴシゴシ洗ってしまい、肌を傷つけ、バリア機能が低下してしまうなんてこともあります。
刺激が強いとされる原料でも、添加することで機能が増し、肌にメリットがある場合もあるのです。

 

ニキビ用コスメの中には、エタノール(アルコールの一種)を肌を清潔に保つ目的で使用している場合があります。
肌が弱い方は、触ってヒヤっとするコスメはパッチテスト等を行ってから使うと安心でしょう。
パッチテスト

 

無添加化粧品は安全?

最近では無添加化粧品といわれるものも販売されていますね。
一見、肌にやさしい感じがしますよね。
でも本当にそうでしょうか。

 

残念ながら薬事法では無添加の基準は設けられていません。
無添加化粧品という言葉は化粧品メーカーが作ったものです。
ただし、メーカーによっては本当に何も石油系の化合物が含まれていないものもあります。

 

無添加だから、絶対に安全と言う訳でもありません。
『無添加』なのに○○が入っていた・・・なんてショックを受けないように、購入前に確認はしっかり行いましょう。
素朴なせっけん

 

 


このページの先頭へ戻る