背中ニキビの予防と対策

背中のニキビは気づきにくい

ニキビというと、顔にできるというイメージがあるため、背中にニキビができることを知らない人も少なくありません。
鏡で見ても意識しなければ見えない場所なので、気づいたときには背中がどす黒くニキビ跡になっていた、なんて人もかなり多いようです。
背中には太い皮脂腺が通っているため、皮脂分泌も活発ですし、常に衣類でおおわれているので蒸れやすい場所。
ニキビ菌も繁殖しやすくなってしまいます。
背中のニキビは、顔のニキビよりも治りにくいと言われているので、できてから治療するよりも、できないように予防することを心がけたほうが良いでしょう。

 

背中ニキビを解消するためには?

背中ニキビでも、ニキビができるメカニズムは顔のニキビと同じです。
顔のニキビなら、殺菌効果のある洗顔剤で洗顔するだけでもニキビ改善効果が期待できますが、背中ニキビの場合には手も届きにくい場所ですし、洗顔剤で洗える場所ではないため、ニキビケアも少し異なります。
背中のニキビ跡をケアするためには、ボディ用のニキビケア用スプレーなどを使って、お風呂上りにシュッとスプレーしてニキビ菌を殺菌してあげる方法がおすすめです。

 

普段から気を付けることは?

背中ニキビは、背中の毛穴に皮脂が詰まってしまうことが原因で起こります。
毛穴を詰まらせなければニキビもできにくくなるわけで、そのためには毎日の入浴が効果的。
シャワーだけでは毛穴が開ききらないので、湯船につかって背中の毛穴をすっきりお掃除してあげると良いでしょう。
入浴した後には肌が乾燥するので、保湿ケアも忘れずに。
保湿ケアをすると肌がベタベタしてニキビができやすくなると感じる人もいますが、保湿ケアでは肌に水分を与えるので、ニキビができやすくなるという事はありません。
安心してくださいね。

 


このページの先頭へ戻る