大人ニキビと子供ニキビの原因と対策の違い

ニキビといっても子供ができるニキビと大人ができるニキビがあります。

 

10代の頃はニキビなんてできなかったのに、20代になってからニキビが口回りにできた・・・なんてパターンは、大人ニキビの典型です。

 

子供ニキビと大人ニキビは、同じもののように思われていますが、実は、違いがあります。
対処法次第で、治り方も変わって来ますよ。
治ります!

 

子供ニキビ

子供ニキビは一般的に思春期の頃にできるニキビです。
思春期ニキビと言われることもあります。

 

成長ホルモンの分泌によって、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に汚れが溜まりニキビとなります。

 

ホルモンバランスが安定してくると自然に治まります。
大体、ホルモンバランスが安定するのは20歳ぐらいですが、本人にとっては早く治したいものですよね。

 

対処法としては、原因となる皮脂を洗顔でしっかり落とす。
原因菌のアクネ菌を殺菌するなどの方法があります。
悩む少女

 

大人ニキビ

大人のニキビは一般的に吹き出物といわれています。
思春期を過ぎてからできるニキビです。

 

原因は皮脂の過剰分泌という子供ニキビと同じものもありますが、ストレスによっても起こることがあります。
また、飲酒や喫煙、睡眠不足といった生活習慣もニキビの原因になります。
他にも肌のターンオーバーの乱れも原因となっています。
肌の乾燥やメイク落としがちゃんとされていないことも原因となりやすいです。

 

そう、子供ニキビとは違い原因が様々なのです。
鏡を見る主婦

 

また、子供ニキビと違い一度治まっても、再発することがあります。
男性ホルモンの分泌が減少するとニキビができにくくなるので、高齢者になるとニキビができにくくなります。

 

大人ニキビの場合は、皮脂を取り除きすぎたり、殺菌効果が強いコスメを使うと、かえって肌のバリア機能を弱める原因となり、最悪の場合、ニキビが悪化したり跡が残ってしてしまいます。
対処法としては、規則正しい生活習慣に加え、喫煙を控える、肌の保湿を行うなどが大切になってきます。
保湿パック

 

原因以外の違い

ニキビができる位置にも違いがあります。

 

子供ニキビは皮脂の分泌が多いところがニキビになります。
額やTゾーンから頬までが最もできやすいところです。

 

大人ニキビは、顎やフェイスライン、首にできやすい傾向があります。
ニキビができやすい場所

 

また、できる季節も違いがあります。
子供ニキビは皮脂が多く出やすい春〜夏にかけて多く、大人ニキビは逆に肌が乾燥しやすい秋〜冬が多い傾向にあります。

 

これらのことからも、大人ニキビは「皮脂」より「乾燥」が敵!と言うことが感じられますね。

 

とは言え、保湿のために油分が多いクリームをたくさん塗るのは、毛穴を詰まらせる原因にもなります。
肌の潤いを保つ成分が入ったコスメを上手に使い分けましょう。
乾燥NO!


このページの先頭へ戻る