ニキビの芯はどうしたら跡が残らない?

ニキビの芯とは

悩む女性

毛穴に角栓がつまり炎症を起こすと、そこに膿がたまります。
この状態がニキビで、皮脂の分泌量が多い若い人に多く現れる症状です。

 

角栓は皮膚の老廃物から作られ、毛穴に角栓がつまるとそこがコリコリと固くなります。
これが芯です。

 

芯ができるとついつい気になって触ってしまい、炎症を悪化させてしまう場合があるので触らないように注意しましょう。

 

自分で対処できるか

ニキビの芯は、自分で対処できる場合とそうでない場合があります。
自分で対処できる場合とは初期の段階です。
白ニキビや黒ニキビと呼ばれますが、皮脂がつまったり、皮脂が酸化して黒くなったりしている状態を指します。
この状態なら、自分で皮脂を押し出せば大丈夫です。
注意したいのは押し出すときに無理にしないことで、無理に押し出そうとすると刺激を与えてしまい、かえって悪化させてしまう場合があります。

 

上手に押し出す方法

芯を押し出すときには、患部を清潔にしてから行いましょう。
そして、手を良く洗ってから患部に触れるようにしてください。
両側から軽く押して出てくるようであれば、そのまま押し出しますが、もし、軽く押しても出ない場合にはそのままにしておき、やがて外に出てきますからその時点で押し出すようにしましょう。

 

自分で押し出してはいけない場合

患部が赤くはれ上がっている状態やデコボコになっている場合には、自分で触れないようにしてください。
汚れている手で触ってしまうとかえって患部を悪化させてしまい、跡が残ってしまう場合があるからです。
ニキビ跡のようなクレーターや色素沈着、赤みを避けるためにも無理して押し出さないようにしましょう。

 

自分で対処できない場合には早めに皮膚科に行き、薬を処方してもらいましょう。
炎症が治まった時点で芯を取り出すようにすれば、跡が残る心配が減ります。

 

 

 


このページの先頭へ戻る