ニキビと吹き出物に違いは何かあるのでしょうか

ニキビと吹き出物って何が違うのでしょうか・・・?
実は同じものです。

 

両者を分けるのであれば、「ニキビ」は10代(思春期)でできるもの。
「吹き出物」は20歳以降にできるものです。
ですから、「大人ニキビ」=「吹き出物」なのです。
ニキビで困る女の子

 

大人ニキビと思春期のニキビの違い

思春期にできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因です。
ですが、このホルモンバランスの乱れは成長によるものです。
具体的には男性ホルモンの分泌が多くなり、皮脂の分泌が増えるのでニキビができやすくなります。
が、この思春期のニキビは20歳ごろまでには落ち着きます。

 

大人ニキビは原因が実に様々です。

・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足
・喫煙、飲酒
・偏った食事
・肌の状態
・生理前

思春期のニキビとは大違い!
これらの様々な原因が複数の関係していることもあり、大人ニキビを治す難しさにもつながっているのです。

 

しかも、思春期のニキビは時期がくれば治まるのに、大人ニキビは治まっても再発することもあります。
大人は子供と違い、新陳代謝が衰えてきますね。
これも大人ニキビを繰り返してしまう原因でもあるのです。

 

肌が正常に新陳代謝を繰り返していれば、古い角質が残ることもありません。
ですが、正常でなくなれば角質が厚くなり、結果として皮脂が毛穴の詰まってニキビになるのです。
キレイに洗顔

 

対処法の違い

では、できてしまったニキビはどのように対処すればよいのでしょうか。
これも思春期ニキビと大人ニキビでは違いがあります。

 

思春期のニキビは正しいスキンケアを行っていくうちに男性ホルモンの分泌も落ち着きます。
これに対して大人ニキビは原因が多い分、対処法も様々です。

 

ただ、皮脂や古い角質をしっかり取り除き、保湿をしっかりすることで肌の状態を健康に保つことができます。
あわせて規則正しい生活習慣を行う必要があります。
ニキビケア

 

ストレスや肌の加齢に伴い、バリア機能が薄れていることも考えられます。
強い薬で一気に治すと肌トラブルの原因になる危険も・・・
ニキビができることだけでなく、その跡も残りやすいため、地道に粘り強くニキビやその跡対策を行うことが大切です。


このページの先頭へ戻る