ニキビ肌こそ、保湿力にこだわるべき!

ニキビの時に保湿をしっかりすることで、ニキビ肌が改善されることがあります。
大事なポイント

 

保湿は重要

ニキビができてしまうと、ニキビをなくそうとして殺菌=洗顔をしっかりしてしまいがちです。
でも、洗顔のし過ぎは肌の潤いまでとってしまうことも。
保湿が大切なのです。
ここで、あれって思いませんか?
ニキビには化粧品はNGなのでは…と思う人もいると思います。
化粧品自体がNGなのではありません。
しっかり保湿をすることが重要なので、
ニキビの原因になってしまうような化粧品がNGなのです。
保湿

 

では、なぜ保湿が必要なのかというと、肌を乾燥させてしまうのがニキビの原因の1つになっているからです。

 

思春期にできるニキビは皮脂の詰まりが原因でしたので、洗顔をすることで余分な皮脂を落としていました。
ですが、大人のニキビは思春期とは違います。
同じケアをしても、治らないのです。

 

どのような化粧品が良いのか

先程も保湿が大切といいましたが、とにかく保湿力の高い化粧品であればOKではありません。
どんなに保湿力が高くても、肌の奥に入っていかなければ意味がありません。

 

それだけではありません。
ニキビは皮脂や油を餌にして繁殖します。
化粧品にオイルが入ったものだとニキビにとって住みやすい肌になってしまいますね。
また、アルコールもニキビにはよくありません。

 

まとめると…

  • 保湿成分が高い
  • 浸透率がよいもの
  • オイル、アルコールが入っていない
  • 大人ニキビ用もしくは乾燥肌用

これらを満たす化粧品がニキビにはいいですね。
ツルツルのお肌

 

べたつくのが嫌で化粧水だけで済ましてしまう人もいますが、これはNGです。
化粧水だけだと、毛穴からどんどん水分が出て行ってしまい、肌は乾燥してしまいます。
せっかく保湿をするのだから、美容液等でフタをするのも忘れずに!


このページの先頭へ戻る