紫外線でニキビは増える?

太陽光

紫外線対策はシミやシワのためだけだと勘違いしていませんか?
実は、ニキビも紫外線で悪化します!

 

4月には紫外線が増え始めます。
日頃から日焼け対策に気を配りましょう。

 

紫外線の種類と肌への悪影響

紫外線には

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

の3種類があります。

 

このうち、UV-Cはオゾン層で吸収されて地上にはほとんど届きません。
そのため、市販の日焼け止めはUV-AとUV-B対策を行っています。

 

UV-Aはシワのモト

シワを気にする

UV-Aは真皮にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。
傷ついたコラーゲンやエラスチンは弾力を失い、溝をつくり、シワになります。

 

アンチエイジングのためにはUV-A対策が重要です。

 

UV-Bがニキビを悪化させる

SPF

日焼けの原因になるのはUV-B。
「日焼けするだけなら、元に戻るでしょ?」と考えるのは甘い!

 

日焼けする

角質が固くなる

ニキビができやすくなる

 

と、日焼けはニキビができる準備になってしまいます。

 

また、UV-Bを浴びることで活性酸素が発生し、シミの原因になります。
やっかいなのが、このシミができる仕組みとニキビ跡が残る仕組みが類似していることです。
活性酸素が増えるとニキビ跡も残りやすくなってしまいます。

 

ニキビとニキビ跡を撃退するには、UV-B対策が重要です!

 

汗はニキビの原因になる?

夏にニキビが増えるのは、皮脂量が増すことも原因です。
また、汗も放置すると雑菌が繁殖し、ニキビの原因となります。

 

しかし、「汗をかくからニキビができる」わけではありません。
汗は毛穴の老廃物を外へ出す役割もあります。
つまり、汗をかくことは美肌にも効果的なのです。

 

汗をかいた後、肌を清潔に保つことができればニキビが悪化することはありませんよ。

 

日焼け止めもニキビ悪化の原因に!

日焼け止め

紫外線を防ぐために真っ先に思いつくのが日焼け止め。
サッと塗るだけでUV-AもUV-Bも防いでくれるので、ファッションに関係なく使えるし、顔用も身体用も肌質に合わせて選べるからとても便利です。

 

でも、実は、日焼け止めでニキビができることもあるんですよ!

 

紫外線吸収剤に注意!

昔の日焼け止めに使われていた成分です。
日焼け止め効果はありますが、肌への刺激も強いため、現在ではあまり使われていません。
「紫外線吸収剤不使用」と明記されている場合が多いので、肌への影響が心配な方は購入時の目安にして下さい。

 

油分に注意!

ニキビ肌に油分は大敵!
まして、汗をかいたり紫外線を浴びたりと、外的刺激が多い夏は毛穴詰りの原因になる油分は避けるべきです!

 

オイルフリーの日焼け止めでも肌の乾燥を防部ために保湿成分が入っている商品が多数あります。
夏でも乾燥が気になる方は、保湿効果のある日焼け止めを選びましょう。

 

洗い残しに注意!

日焼け止めを使った日は、メイクをしていなくてもクレンジングをすることをおすすめします。
肌への密着性を高めたために、通常の洗顔では落ちない日焼け止めもあるからです。
洗い残しが毛穴を塞ぎ、炎症を起こしてニキビが発生する危険があります。

 

デコルテや腕、足にも日焼け止めを塗ることが多いと思いますが、こちらもボディソープで丁寧に洗い落しましょう。


このページの先頭へ戻る