子供ニキビの原因と対処法

思春期にできるニキビは本人にとって辛いものですよね。
最近はニキビができ始める年齢も早くなってきています。
子供は大人と違って、正直にものを言うことがあるので、気にしますよね。
また、友達と違うってことも気になるお年頃です。
ニキビの中学生

 

いくら子供ニキビが一過性のものだからいって、何もしないでおくのは問題ですよね。
なにしろ、友達から言われる何気ない一言ですごく傷つくこともあります。
大人になるまで待っていることなんてできないですよね。
しかも、場合によってはそのまま大人ニキビになってしまうこともあります。

 

では、子供ニキビはどのように対処すればよいのでしょうか。

 

子供ニキビの原因

まず、子供ニキビがどのような原因でできるのかが問題ですよね。

 

子供ニキビができる思春期は、ズバリ「成長をしているとき」です。
体のなかでは成長ホルモンが分泌されて、男の子は声変わりをしたり、体つきがガッチリしてきます。
女の子は体が丸みを帯びてきますよね。
これらは成長ホルモンによっておきているのです。
成長期

 

成長に必要なホルモンですが、このホルモン皮脂を出させる働きもします。
皮脂がたくさんでて、毛穴に溜まってしまいニキビになってしまう、これが子供ニキビなのです。

 

そして、そこにアクネ菌がやってきたらもう大変!
ニキビは悪化の道をたどってしまうのです。

 

子供ニキビの対処法

子供ニキビの原因は成長ホルモンにありますが、これが分泌されないと体は大人になりません。
それは困りますよね。
では、どうしたらよいのか。

・洗顔
・睡眠
・食事
・スキンケア

これら4つが重要になります。

 

洗顔

まず、洗顔ですが、朝と晩に洗顔をすること
皮脂を取り除けばいいと思い、何回も洗顔してしまう人がいますが、これはNG。
皮脂はちゃんと役割があって、お肌を乾燥から守る働きをしています。
何回も洗顔をしてしまうと、逆に乾燥してしまいます。
石けん

 

睡眠

睡眠も重要です。
特に、夜10〜2時の4時間は肌の新陳代謝が最も良い時です。
そう、お肌のゴールデンタイムです。
夜更かしをしないで、しっかり睡眠をとりたいですね。
寝る女の子

 

食事

脂っこい食事もニキビができやすくなります。
絶対に取るなとはいいませんが、食べ過ぎには注意が必要です。
また、同時にビタミンが含まれる食品を取ると肌によいですね。
バランスの良い食事

 

スキンケア

そして、最後にスキンケアです。
女の子は化粧にも興味をもつ頃ですので、スキンケアも抵抗ないと思います。
男の子は男がスキンケアなんて…と思う人もいるかもしれません。
ですが、ニキビには洗顔した後の対処も重要になります。

 

洗顔しただけですと、皮脂が出やすくなります。
ですので、洗顔後に「保湿」をします。
保湿は化粧水でできますが、ここでポイントなのが、「保湿成分が多く含まれる化粧水を選ぶこと」です。

 

また、気をつけたいのが、アルコール入りの化粧水です。
アルコールがニキビに刺激となってしまうので注意が必要です。
スキンケア

 

これら4つのことですぐにニキビが治るわけではないですが、少しづつ改善されます。

 


このページの先頭へ戻る