花粉で肌荒れやニキビは起こる?

春と言えば…入学、就職など新生活で気分が高まりますよね。
気候も少しずつ暖かくなり過ごしやすくなりますね。
そんな春ですが、なかなかいいことばかりではないですね。
特に、花粉によって鼻は止まらないし、目はかゆいですし花粉症の人にはなかなか辛い季節でもあります。
花粉症って、くしゃみや目のかゆみのイメージですが、肌にも影響があることをご存知でしょうか。
花粉

 

花粉による肌荒れ

肌荒れが起こる原因はいろいろあります。
多いのはストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどですが、花粉によっても起こります。

 

自分の髪の毛が肌に触っただけでも、かゆみが起こったり赤くなったりするのは、花粉やホコリが原因になっているのです。
特に春だけ起こるのは花粉症のせいかもしれません。
花粉症

 

花粉症はアレルギーの一種です。
体に入ってきた花粉を外に出そうとして涙や鼻水が出ます。
肌も同じです。

 

肌についた花粉がアレルギー反応を引き起こしてカサカサしたりします。
それを解消しようとしつこく洗顔をしたりすると肌のバリア機能が低下していきます。
その結果、さらに肌荒れが深刻になり、ニキビと乾燥を繰り返すような負のスパイラルに陥ってしまいます。
繰り返す肌トラブル

 

鼻をかみすぎると、鼻が痛くなったりしませんか。
ティッシュによって摩擦が起こり肌のバリア機能が低下していきヒリヒリするようになります。
最近は鼻にやさしい鼻セレブのような保湿ティッシュも多くありますが、やはりヒリヒリしますよね。
お肌も同じです。
鼻のかみすぎ

 

ただし、お肌の場合は、適切なお手入れをすることで、肌荒れスパイラルから抜け出すことができます!

 

肌荒れ対策

原因がわかっても、何もしなければ肌荒れは起こりますよね。
とにかく肌のバリア機能を低下させなければよいのです。

 

どうすればいいのでしょうか。
それは、肌を乾燥させないように保湿をすることです。

 

また、肌に花粉をつけさせないようにすることも大切です。

ちょっとしたことですが、これだけでも肌荒れは改善されます。
それでもよくならない場合は医者に相談しましょう。


このページの先頭へ戻る