イソフラボンとは?【コスメの成分】

美白効果があることで、化粧品にも良く使われているイソフラボン。
肌に良いのなら、ニキビにも効果があるのではないでしょうか。

 

イソフラボンの働き

大豆に含まれているイソフラボン。
一体どのような働きをしているのか気になりますね。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。

 

では、女性ホルモンはどんな働きをしているかというと…
女性ホルモンにはエストロゲンとエスターゲンという2種類のホルモンがあります。
その中でエストロゲンが女性らしい体つきなどに影響が大きいです。
エストロゲンの分泌がふえると、皮膚の細胞を活性化させたり、肌の潤いを保ってくれるといった女性には嬉しいことがいっぱいです。

 

そんな女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン、お肌に良いからニキビにも効果がありそうですね。
キラキラする女性

 

ニキビへの効果

ホルモンバランスの乱れによって起こるニキビは女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の減少も考えられます。
女性には生理期間があるので、女性ホルモンを常に同じ量を分泌することは不可能です。
そんな時にイソフラボンを摂取することによって、皮膚の細胞を活性化させることによってニキビの防止もできます。
生理前や生理期間の肌のトラブルも解消することも可能です。
解消してすっきり

 

アレルギーに注意!

そんな肌に良いイソフラボンですが、大豆なので大豆アレルギーを持っている人にはおススメできません。
人によっては、豆腐はOKでも豆乳はNGな場合もあります。
また、体調によっても豆腐でもNGになってしまう場合もありますので気をつけましょう。
薬剤師

 

妊婦さんも摂取は控えて

妊娠中の方も過剰摂取するのは危険です。
妊娠中は女性ホルモンが通常よりも多く分泌されています。
妊婦さんは肌がキレイな方が多いですよね。
ですが、過剰になると、子宮体部がん、乳がんの発症リスクが高まります。
また、胎児にも影響があり、生殖機能が未発達になってしまうこともあります。
妊娠中に積極的にイソフラボンを摂取するのはやめましょう。
妊娠中


このページの先頭へ戻る