皮膚科で受けるニキビ治療の内容と金額

できてしまったニキビを皮膚科で治療する場合、どのような治療をしているのか気になりますよね。
完治するまでの期間や費用も気になるところです。
病院

 

皮膚科でのニキビ治療

皮膚科で行うニキビ治療は大きく分けて2種類あります。
「外用薬を使用する治療」「外用薬を使用しない治療」です。

 

「外用薬を使用する治療」は軟膏やクリームを塗る治療法です。
「外服薬を使用しない治療」は毛穴から皮脂や角質を取り除く、ピーリングで肌をキレイにする方法です。
塗り薬

 

費用

やはり費用は気になるところですよね。
皮膚科なので保険が適用できます。
保険が適用されれば、3割負担で治療ができます。
初診料の有無にもよりますが、薬代込で2000円〜5000円くらいが目安になります。

保険適用の治療

面ぽう圧出

専用の器具を利用して、毛穴から詰まっている皮脂や角栓を取り除くものです。

 

抗生物質

塗り薬と飲み薬があります。
炎症を起こしたニキビの治療に使われます。

 

硫黄製剤

市販薬にも使われていることが多いです。
アクネ菌の殺菌だけでなく、古い角質の柔軟化、皮脂の分泌の抑制といった効果があります。
副作用も少ないですが、肌を乾燥させる作用もあります。
思春期のニキビには効果がありますが、大人ニキビの治療には向いていません。

 

レチノイド製剤

ニキビの原因になる角栓の発生を予防する効果があります。
白ニキビ、黒ニキビには効果がありますが、炎症を起こした赤ニキビには効果がありません。
また皮膚刺激といった副作用もあります

 

残念ながら中には保険外の治療法もあります。

保険外の治療

ケミカルピーリング

古い角質をはがし、新しく皮膚が再生されるのを促すものです。
厚生労働省が保険適用として認可していませんので自由診療になってしまいます。
費用は病院によって違いますが、3000円〜2万円位と幅広いです。

 

フォトフェイシャル

IPLという光を照射して肌のターンオーバーを促すものです。
費用は1回1万円〜5万円とやはり幅が広いです。
1回で終了ってことはなく、5回〜10回と定期的に受ける必要があります。

保険適用外のニキビ、ニキビ跡治療は、病院・クリニックによって金額が変わることもあります。
また、全額自己負担になるため高額です。
その一方で、体質に合えば非常に高い効果を感じることもあります。
金額と効果を良く見比べながら、治療を続けるか検討しましょう。
高い

 

期間

どれくらい皮膚科に通うのかも気になりますね。
ニキビの状態にもよりますが、1回で完治とはいかないですね。
2〜3か月ぐらいすると効果がでてくることもあります。
あせらず、根気強く治療することが大切ですね。


このページの先頭へ戻る