肌荒れに悩む人の化粧水の選び方

肌荒れしている肌には、どんな化粧水を使うべきか迷うものです。
化粧水の影響で肌荒れが悪化することだけは避けたいので、化粧水選びは慎重に行いましょう。

 

刺激成分の入っていないものを選ぶ

頬を触る女性

化粧水には色々な種類があり、中には肌荒れしている状態の素肌に使うと良くないものもあります。
世の中に販売されている化粧水は、厚生労働省で認められた成分しか使われていないのですが、それでも肌の状態は人それぞれなので、肌荒れしている状態の人には相性が良くない化粧水もあります。

 

例えば、界面活性剤であるラウリル硫酸とか、プロピレングリコールという保湿剤、さらに怖いのは香料です。
成分には香料としかかかれていませんが、科学合成をして作られていると荒れている肌には合わないことが多いでしょう。
使ってはいけないものではないので使われているのですが、敏感肌にはあまりおすすめできません。

 

その他、アルコールも刺激成分の1つなので、肌荒れしているときには避けておいたほうが無難です。

 

敏感肌用コスメが安心

成分を色々と比較して探すのは大変だと感じる場合は、敏感肌用と書かれている化粧水を選ぶのがいいでしょう。
刺激成分を入れずに肌に優しいものばかりを配合して作られている化粧水なので、肌荒れが悪化する確率は低くなります。

 

一度肌荒れしたからと言ってずっと敏感肌用を使い続ける必要はないとは思います。
使い続けると肌が低刺激になれてしまって、余計に刺激に敏感になることもあります。
肌の状態が思わしくないときは敏感肌用を使い、まずは肌そのものの調子を上げていけるように頑張ってみてください。
肌は想像している以上にデリケートなので、合わない化粧水を使うとかえって肌を荒れやすくしてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

 

女性には生理周期があるので、ホルモンバランスによっても肌の調子は変化します。
生理前はニキビができやすくなるとか荒れやすくなる人もいます。
肌の調子を把握して、新しい化粧品は肌が荒れにくい時に試してみるようにしましょう。

 


このページの先頭へ戻る