グリチルリチン酸ジカリウムはニキビにいい?

グリチルリチン酸ジカリウムを知っていますか?
なんか難しい名前ですが、ニキビケアの化粧品によく含まれています。
どのような働きをしているのでしょうか。
どうなの?

 

グリチルリチン酸ジカリウムのメリット

ニキビケアの化粧品に含まれているので、その効果は…

  • 抗炎症
  • ニキビ予防
  • 殺菌作用
  • 抗消化性潰瘍作用 など

ニキビにとても効果があることがわかります。

 

また敏感肌や乾燥肌にも効果があります。
キレイ

 

ニキビ用化粧品以外にも美容に効果があることで、石鹸やシャンプーにも使われることがあります。
抜け毛予防にも良いとされているので、男性用の育毛シャンプーに入っていることもありますよ。

 

このグリチルリチン酸ジカリウムは甘草(かんぞう)と呼ばれる植物から抽出されます。
ですから葛根湯といった漢方にも含まれているのです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムのデメリット

No!
残念ながらグリチルリチン酸ジカリウムも万能ではありません。

 

副作用があり、1日40r以上摂取すると偽アルドステロン症になる可能性があります。

 

この偽アルドステロン症って聞き慣れない名前ですが、一体どのような症状がでるのでしょうか。
初期の症状として、手足のしびれ、頭痛、吐き気といった症状が出ます。
重症化してしまうと、息苦しさや意識がなくなるなどといった症状が出ます。

 

化粧品の含有量は100g中0.5%未満と薬事法で決められていますので、化粧品だけでこの許容量を超えることはありません。
日本で販売されているものであれば安心して使用できます。

 

葛根湯といった漢方薬を使用している時など、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれている医薬品を複数使用する場合には注意が必要ですね。
使用量をちゃんと守るようにしましょう。


このページの先頭へ戻る