コラーゲンを飲むと肌はキレイになる?

腕を肩に回す女性

美肌のために、コラーゲンを毎日飲んでいます!
でも、そのコラーゲン、本当にお肌に届いていますか?

 

コラーゲンは体内で分解される

ポイントを教える白衣の男性

食べたものが、そのまま身体の中で使われると思っているかもしれませんが、それは間違い!

 

人間は、食べたものを消化して、小さく分解してから吸収します。

 

例えば、豚肉。
たんぱく質や脂肪などが含まれています。

 

これらは
「たんぱく質」は「ペプチド」になり、さらに「アミノ酸」まで分解されます。
「脂肪」は「脂肪酸・モノグリセリド・グリセロール」の3つに分解されます。

 

コラーゲンも例外ではありません。
コラーゲンはペプチドに分解され、さらにアミノ酸となって吸収されるため、体内に入る時はコラーゲンではなくアミノ酸になってしまっているのです。

 

アミノ酸は、皮膚だけでなく、ツメや筋肉の合成などにも使われます。

 

だから、「飲んだコラーゲンが全て肌になる」と言う考えは間違いです。

 

コラーゲンを飲むと肌はキレイになる?

喜ぶ女の子

ところが、コラーゲンを飲むと肌のハリが改善される研究結果が出ています。
これはなぜでしょう?

 

有力な説としては、

  • コラーゲンが分解されたアミノ酸が血中に増えると、体内のコラーゲンが分解されたと勘違いして、コラーゲン生成が盛んになる。
  • 一部がペプチドのまま吸収されるため、コラーゲン生成がされやすい。

などがあります。

 

コラーゲンを摂ることで、間接的に体内でコラーゲンを新しく作る力に変わることは間違いないようです。

 

ちなみに食べたものは全身に運ばれるので、顔だけでなく、身体全体に効果を期待できます。

 

ペプチドでも吸収できる

体内に吸収される時は、原則としてアミノ酸レベルまで細かく分解されている必要がありますが、一部のペプチドはペプチドのまま吸収されます。

 

ペプチドのまま吸収されるメリットは、アミノ酸まで分解されていないため、利用可能になるまでに時間がかからず、効率が良いことです。

 

そのため、コラーゲンをコラーゲンペプチドの形に加工して配合している美容飲料やサプリも多いです。

 

コラーゲン生成をスムーズにする栄養素

柑橘類

実は、コラーゲンだけを摂るより、一緒に摂った方がコラーゲン生成率が上がる栄養素があります。
それはビタミンC。
体内でコラーゲンが合成される時に補助として働きます。

 

ビタミンCには、コラーゲンの合成以外にもニキビ予防や美白等、綺麗な肌になれる働きがあります。
水溶性ビタミンで摂りすぎる心配もないため、美肌を保ちたいのであれば積極的に毎日摂りましょう。


このページの先頭へ戻る