もしかして敏感肌?症状をチェック

敏感肌は意外と身近

『私は身体も丈夫だし、元気だし、肌のことは心配ない♪』
と思い込んで、敏感肌のサインを見逃していませんか?

 

女性の社会進出を背景に、子育てと仕事の両立、それによるストレスの増加が肌へ悪影響を及ぼし、敏感肌を引き起こしている人がいます。
敏感肌をケアせず、荒れたままメイクを繰り返すことは、肌の健康によくありません。
また、近年は大気汚染も心配されており、肌にとっては過酷な環境となってきています。

 

『私は大丈夫』と思わずに、気になる症状があったら、まずは敏感肌を疑ってみましょう。
肌の悩みを持つ女性

 

敏感肌の症状

乾燥する

乾燥して肌がカサつくのは当たりまえだと思っていませんか?
健康な肌はバリア機能が備わっているため、乾燥したくらいで水分が足りなくなったりしません。
乾燥することは、バリア機能が弱まっていることを示しています。

 

ニキビ

乾燥しているのにニキビができる場合も、肌が弱っているサインです。
肌のうるおいを取り戻すことが、ニキビケアにつながるのがこのタイプのニキビです。
ストレスが原因のこともあるため、ストレスの緩和も心がけましょう。

 

刺激を感じる

傷みやかゆみがある場合は要注意です。
特定のコスメを使ったときのみ、刺激を感じる場合は、アレルギーが疑われます。
長年使ってきた商品でも、体質の変化で突然合わなくなることもあるため、見逃さないようにしましょう。

 

赤み、湿疹

刺激により、赤みや湿疹を伴うことがあります。
コンシーラー等でカバーするのは、目立たなくなっても肌の負担になります。
刺激となるコスメなどが特定できれば、使わないことで治ることもありますが、大気中汚染物質や花粉、日光などが原因の場合、自然治癒は難しいため、皮膚科を受診した方が良いでしょう。


このページの先頭へ戻る